弊社は、リチウムイオンバッテリを対象とした高精度シミュレーションソフトウェアを専門としております。多種多様なリチウムイオンセル向けに物理モデルを作成し、モデルの有効性を動作範囲全体に対して実証いたします。これら「BATEMO CELL」と称したモデルは、バッテリ開発の中心となる質問への答えをご提供いたします。

  • 具体的な製品アプリケーションに最も適したセル技術はどれなのか
  • 最適なバッテリパッケージデザインをどう考えれば良いか
  • バッテリの寿命をどんな動作戦略で伸ばせるか
  • 高速充電の革新的なソリューションをどのように設計すれば良いか
  • 高度なシステムの一部として安全な運用をどのように保障できるか

技術

BATEMO CELL は、リチウムイオンバッテリ内の肝心な働きを仮想空間で再現します。使用条件や劣化状況により、物理学、化学、熱力学のプロセスが密接に作用し、極めて複雑な仕組みです。これらの工程は同時に発生しながらも、それぞれ別々の空間・時間スケールで進行します。数ミリしかない電極粒子内で完結する工程もあれば、センチ単位にも及ぶセルやパック内の処理もあります。また、 数ミリセクで終わる工程に対して、数ヶ月も続くプロセスもあります。

­

完成したBATEMO CELLは、お客様が使い慣れている開発環境に適合するモデルです。高効率のパラメータ設定手続きにより、多種多様なセルを容易かつ短期間にBATEMO CELLとして再現いたします。各モデルの有効性をセル特有の動作範囲全体に対して実証いたします。柔軟性の高いインターフェースと数秒単位のシミュレーション処理時間を特徴とするBATEMO CELLはお客様の研究開発プロセスにシームレスに組み込んでいただけます。

セルの
物理モデル

BATEMO CELLはセルの挙動のみならず、重要な物理学的な工程を全て反映しており、従来モデルでは網羅できない極限条件、例えば高電流、高充電状態、低充電状態、温度範囲全体をカバーしております。

顧客特有の
パラメータ設定

お客様のどのBATEMO CELLでも、弊社はパラメータ設定を容易かつ速やかに行います。

モデルの
有効性を実証

工業製品のモデルを基盤とした研究開発は、モデルの有効性を大前提としています。お客様のセルに対して弊社はモデルの有効性を必ず実証し、モデルの精度も徹底した測定作業で定量評価します。

包括的な
特性分析

BATEMO CELLはさらに、バッテリシステム開発に不可欠で他方面から入手できない情報をご提供します。セルの温度分布、充電状態(SOC)分布、半電池電位の位置などを基に、劣化を防ぐためにリチウム板出しなど的確な設計対策が取れるようになります。

あらゆる劣化シナリオを
考慮

劣化のあらゆるメカニズムを考慮しているBATEMO CELLでは、劣化したセルの挙動を現実的に予測できます。

簡易操作

BATEMO CELL 特別な教育を受けなくても簡単に操作できます。ユーザインターフェースを使って、バッテリ専門家や機能設計者、研修生でも難易度の高い答えを簡単に出すことができます。

柔軟な
インターフェース

BATEMO CELL は、お客様の開発環境に円滑に組み込むことができます。自由度の高いインターフェースを通じて、単体セルやパックの初期条件と極限条件を自由に設定できるので、同じBATEMO CELLで多様なシミュレーションを実施できます。

短時間の
シミュレーション処理

BATEMO CELL のシミュレーションは、一般のパソコン端末でも最高精度と高詳細度で数秒の間に完了します。弊社のソフトウェアをご使用いただくことにより、仕事が滞りなくスムーズに運びます。

メリット

スタートアップである弊社は現在、ドイツ国内のリード顧客向けに事業を展開しています。弊社のお客様は BATEMO CELL を仮想バッテリとして活用し、実製品の測定にかかる工数や作業時間を大幅に節約しています。このようにお客様のバッテリ開発は一貫してモデルベースで行われ、より早く、柔軟に、安定した手法により高い製品品質を達成することができます。それにより、お客様のビジネス成功に貢献させていただく結果を導きます。

先端技術による
優位性を強化

BATEMO CELLは、新しいアイデアを容易に評価し、複雑な機能を開発する時間を大幅に短縮することができます。その結果、お客様の技術優位性も強化されます。

安全性の
向上

弊社のお客様は使用中のバッテリを監視する機能も取り付けております。その安全機能をBATEMO CELL で開発することによって、危険な動作状態を早期に発見し、的確な方策をとることにより、いかなる条件下でも安全な動作を保障します。

充電方式を
策定

多くの製品アプリケーションではバッテリを急速充電しますが、その際にバッテリを損傷しないように、BATEMO CELLのシミュレーションを活用してお客様はバッテリパックの劣化を最小限に抑えた急速充電方式を開発できます。

システムの
複雑さをマスター

多くのバッテリパックは、多様な充電器やアプリケーションと共に使用されます。BATEMO CELL を利用して、お客様はモジュール間の互換性をシミュレーションで検証し保障します。

マーケットシェアを
拡大

弊社のお客様が新技術を早期に市場導入すべく、技術革新のアイディアを短期間に高品質で実用化するための手助けをBATEMO CELLでさせていただきます。

評価期間の
短縮

弊社のシミュレーションは実製品評価より遥かに短い時間で完了します。そのため、単セル、バッテリパック、またはシステム全体を包括的なシミュレーション評価手続にかけても、従来より数分の一の評価時間で済みます。

開発リスクを
低減

BATEMO CELL を利用して、システム開発段階で既に単体機能や部分システムを包括的に評価検証できます。お客様は設計ミスを早期に発見し、設計の試験評価や製造評価の時点で不具合が浮上する確率を大幅に減らします。

開発費の
低減

BATEMO CELLはバッテリシステムの開発コストをあらゆる面で低減します。お客様は例えば、試作品製作の負担を減らし、大規模な測定工数を節約し、開発期間を短縮することができます。

Alterung verhindern

Know-How ausbauen

innovative Ladestrategien entwickeln

komplexe Systeme beherrschen

max. Performance ohne Sicherheitskompromisse

neue Funktionen entwickeln

automatisiert und schnell testen

Entwicklungszeiten und -kosten senken

企業情報

BATEMO GmbH 社は、2017年3月にカルスルーエ市でミハエル・シェーンレーバー博士とヤン・リヒター博士によりプライベート企業として創立されました。



リヒター博士は、カールスルーエ技術研究所(KIT)で電気工学・情報工学を履修し、電気モビリティを中心に電気化学エネルギー貯蔵、パワーエレクトロニクスと電力機器の研究に従事しました。在学期間中にリヒターは半年ずつ中国の大連化学物理研究所と米国にある北米メルセデス・ベンツ研究開発部門に従事しました。 同期電動機のモデル構築、パラメータ定義と制御に関する研究テーマでカールスルーエ技術研究所(KIT)の電気工学研究所で博士号を最優秀の成績で取得し、その研究成果に対してPCIM Young Engineer Award を受賞しました。その一環としてリヒターは、一次下請けの自動車部品サプライヤー向けに、パワーエレクトロニクスと電気モーター用のモデルベース開発ツールを開発しました。 リヒターは、大学教育課程と博士課程をドイツ国民学習財団の奨学生として履修しました。


シェーンレーバー博士は、カールスルーエ技術研究所(KIT)で電気工学・情報工学を専攻し、その学問の焦点をリチウムイオン電池の電気化学とシステム理論に置きました。卒業前に米国のロバート・ボッシュLLC社で、先端のバッテリ管理システムのパラメータ推定と状態推定の計算ロジックを開発しました。 シェーンレーバーは、Continental Auto-Motivated Student Awardの他、学年最優秀の学生としてSiemens Energy Award を受賞しました。 自動車メーカーの産業プロジェクトに参加しながら、NMC正極の定周波域数挙動とリチウムイオン電池の劣化を研究し、そのテーマでカールスルーエ技術研究所(KIT)の電気工学材料研究所(IAM-WET)で博士号を最優秀の成績で取得しました。博士課程の研究実績に対して、カール・フロイデンベルグ賞を受賞しました。

お問い合わせ

ご意見、ご質問、メッセージ等々お気軽にお問い合わせください。

© 2019 Batemo GmbH
インプリント   |   個人情報保護事項